韓国留学:コシウォンの探し方とポイント

これから韓国留学へ行くならどんな点に気をつけてコシウォン探しをすべきか、実際に留学へ行って感じたポイントと生活スタイルに合わせたおすすめの留学中の家タイプについてお伝えします。

コシウォンとは?

考試院(コシウォン)とは、学生(受験生)のために作られた主にベッド・勉強机のみの宿泊施設。元々、集中して勉強するために作られた部屋なので、簡易な作りで最低限の狭さのかわりに家賃がワンルーム(一人暮らしアパート)より安く、通常一ヶ月や三ヶ月単位で契約できるため留学生にも多く利用されています。

コシウォンの探し方は2パターン

コシウォン探しには主に2パターンあって、

・エージェントor不動産を利用して契約
・自力で直接大家さんと契約

どちらもメリット・デメリットがあります。

エージェントor不動産を利用の場合、
・メリット
→日本語が通じる
→希望条件を伝えれば探してくれる
→大体は現地お迎えや困った時に問い合わせられるサポートがあって安心
・デメリット
→手数料が3万円ほどかかる

自力で直接大家さんと契約する場合、
・メリット
→手数料がかからない

・デメリット
→探すのが面倒
→ほとんどが日本語が通じない(いきなり韓国語で家の契約ができる?)
→契約や大家さんとのやりとり、海外送金など手続きが手間

お金はかかるが安心をとって手間をはぶくか、手数料を節約したいのであれば自力でなんとか頑張るか。3万は安い値段ではありませんよね、ましてや留学は学費・家賃・航空券代に生活費・・・何かと出費が多いです。

私なら、自身が韓国語が流暢、もしくは韓国語が話せる友人や知人が助けてくれるなら自力で節約します。

韓国語が使えなくて韓国語が話せる家探しを手伝ってくれる人がいないのであれば多少お金がかかってもエージェントor不動産を利用をおすすめします。

自力で探す派のわたしが契約した方法

私はなるべく費用を抑えたかったので、自力でなんとか探しました。が、正直働きながら探すのは結構大変でした。

幸い韓国人の知人がいたので、分からない点は手伝ってくれたり、気になるところを聞いてみるとエリアの様子など教えてくれたので参考になりました。正直韓国語ができる知人や友人がいなければ、自力でいちから探すのは諦めていたかもしれません。

実際の探して予約した5ステップ

私が留学の際に住んだコシウォンの見つけ方はこうでした。

・日本語のサイトで相場や部屋の雰囲気を見てみる
・気になるコシウォンの名前を韓国語でネイバー検索
・HPから大家さんにメールとカカオトークで空き状況を聞く
・希望入居日や条件を伝え予約し保証金を海外送金
・入居日に家賃を支払い契約完了

日本語のサイトでおおよそのコシウォンの相場や部屋の雰囲気をみて、あとは大家さんと直接契約したいと思い韓国語で気になるコシウォンをネイバーで片っ端から検索しました。

口コミも見つけたら見つつ、ネイバー・インスタを利用して韓国語で
「ソウル 〇〇(エリア) コシウォン 」
「ソウル 〇〇大学 コシウォン 」
などで探して、清潔で場所も便利そうなところを見つけたらGoogle mapで写真を見て周辺は便利そうか・安全そうか(人通りは多そうか)など見てました。

気に入ったところに数件問い合わせたのですが、すでに埋まっていたり韓国では直前に探して入る(事前に予約ができない)ところも多いため苦戦。何件か振られたのちやっと空いているところがあって予約しました。保証金を先払いで100000ウォン(1万円)送金しないと行けなかったのでEXPAROで海外送金。

だまされて詐欺だったらどうしようと不安になりつつ送金したのを覚えています(笑)当日まで不安でしたが、問題なく住めました。

韓国人の知人や友人に助けてもらったことが大きいですが、それでも韓国語2級クラスからスタートの実力で自分で大家さんとカカオトークで連絡して無事契約できたのでなんとかしようと思えばなります。翻訳アプリもあるので。

お金で安心を買うか、自力でサバイバル気分を味わうか、韓国語のスキルも踏まえて心配性な方はエージェントを通すと安心だと思います。

家探し留学中の滞在先が決定!エージェントなしの家探し

コシウォン生活の辛かったこと

3ヶ月間の韓国留学は本当に楽しくて、心から行ってよかったと思っています。
が、コシウォン生活は我慢の連続でした…

・とにかく狭い
・コバエに悩まされる
・キッチン争奪戦
・隣の生活音丸聞こえ

など小さなストレスが毎日。
私が住んでいたコシウォンの良い所と悪い所を3点ずつあげると、

🔖良い所
・ワンルームより安い
・清潔感がある
・駅と学校から違い

🔖辛かった点
・コバエにが多い
・ベッドが固くて小さい
・隣の生活音がうるさい

まず良いところは安い。留学はただでさえお金がかかるし外食も多いので、そんなに料理もしないしキッチンは別で狭い部屋でもいいから節約したいって人にはおすすめ。
ラーメンを作るのにキッチンを使いたくても結構誰かが使っていて待たないといけないことも多かったです。

悪い点は、私のコシウォンはコバエが…シャワーとトイレのところに窓と排水溝からいつも侵入してきて留学中の一番ストレスだった。
対策すればよかったのですが3か月という短期間なので正直面倒!
あとはコシウォンはどこも同じ?ベッドが小さいし固い。寝れるけど肩がこるし窮屈でした…10代の若さがあればあの狭いベッドにも耐えれたのかな。。

あとは隣の方のアラームが毎朝鳴り響いてぜんぜん起きなくて(笑)

その他、私は管理人以外と話す機会がほぼなくコシウォンで友達はできませんでしたが、隣のこと仲良くなった!というクラスメイトもいたのでそれだと楽しくなってたかもしれないです。

私がもう一度留学するなら、

・1〜3ヶ月
コシウォンで我慢するか、ゲストハウスに住む。
・半年〜1年
最初コシウォンに住んでみて平行して家を探してワンルームに引っ越し

コシウォンによるのと、個人の感覚の違い、私の年齢の問題(20代後半で体力なしw)と一概に言えませんがこんな感じです!

View this post on Instagram

※長いのでブログに移すかもです  🔖辛かったコシウォン生活?! 3ヶ月間の韓国留学は本当に楽しくて、心から行ってよかったと思っています☺️ が、コシウォン生活は我慢の連続でした…  ・とにかく狭い ・コバエに悩まされる ・キッチン争奪戦 ・隣の生活音丸聞こえ  など小さなストレスが毎日😂 私が住んでいたコシウォンの良い所と悪い所を3点ずつあげると、  🔖良い所 ・ワンルームより安い ・清潔感がある ・駅と学校から違い  🔖辛かった点 ・コバエにが多い ・ベッドが固くて小さい ・隣の生活音がうるさい  まず良いところは安い。留学はただでさえお金がかかるし外食も多いので、そんなに料理もしないしキッチンは別で狭い部屋でもいいから節約したいって人にはおすすめ。 ラーメンを作るのにキッチンを使いたくても結構誰かが使っていて待たないといけないことも多かったです。  悪い点は、私のコシウォンはコバエが…シャワーとトイレのところに窓と排水溝からいつも侵入してきて留学中の一番ストレスだったかも… 対策すればよかったのですが3か月という短期間なので家に思い入れも出ず面倒で😂 あとはコシウォンはどこも同じ?ベッドが小さいし固い。寝れるけど肩がこるし窮屈でした…10代の若さがあればあの狭いベッドにも耐えれたのかな😂  あとは隣の方のアラームが毎朝鳴り響いてぜんぜん起きなくて(笑)  その他、私は管理人以外と話す機会がほぼなくコシウォンで友達はできませんでしたが、隣のこと仲良くなった!というクラスメイトもいたのでそれだと楽しくなってたかもしれないです😭💔  私がもう一度留学するなら、  📅1〜3ヶ月 コシウォンで我慢するか、ゲストハウスに住む。 📅半年〜1年 最初コシウォンに住んでみて平行して家を探してワンルームに引っ越し  コシウォンによるのと、個人の感覚の違い、私の年齢の問題(20代後半で体力なしw)と一概に言えませんがこんな感じです! 長くなってしまった&もっと書きたいことあった…のでブログに移します😂  #韓国留学 #社会人の勉強垢 #留学生活 #韓国語勉強垢 #語学留学 #ワーホリ #韓国留学準備 #大人の勉強垢 #社会人留学 #ワーキングホリデー #コシウォン #考試院 #コシテル #유학생활

A post shared by haneul blog (@haneulugi) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です