韓国語の勉強法:効率のいい順番とおすすめのやり方

韓国語を勉強したいけど何からどうすればいいのか分からない!効率のいい勉強法が知りたい!そんな方に、独学・韓国語教室・オンラインレッスン・留学と、できる勉強方法はほとんど試した私が、失敗から学んだ勉強順と方法をお伝えします。

次の流れで勉強すると効率がよく、おすすめです。ひとつひとつのステップは後ほど解説します。

韓国語を学ぶ7つのステップ
  1. ハングルを覚える
  2. 簡単な挨拶・フレーズを丸暗記する
  3. 単語を勉強する
  4. 文法を学ぶ
  5. 韓国語を使う機会を作る
  6. 現状の自分のレベルを知る
  7. 単語・文法・実践を繰り返す

勉強をはじめる前に

韓国語を勉強するメリット

  • 韓国旅行で役立つ
  • 仕事で使える
  • コミュニケーションが楽しい
  • 映画やドラマなどの幅が広がる
  • オタ活がはかどる

韓国語を勉強する目的はひとそれぞれ。「好きな韓国の歌手の歌の意味を知りたい」「韓国ドラマを字幕なしで見たい」という人もいれば、「韓国語を使った仕事をしたい」という人までさまざま。

韓国語を習得するメリットはたくさんあります。何も仕事にしなければ勉強しなくちゃいけないなんてルールはありません。

何かを始めることに年齢は関係ない! 勇気をくれる動画や言葉を紹介しています。

勉強のよくある失敗

単語・文法を学ぶ前に日常会話を勉強する

旅行のときのみ、本を見ながら、もしくは丸暗記フレーズを使いたい場合は日常会話集を買ってもいいのですが、韓国語を効率よく学びたいのであれば単語や初級文法から学ぶ方が日常会話のフレーズも頭に入りやすいです。

続かない

私は何冊も本を買っては放置することを繰り返しました(笑)正しい順番で学ばないとなかなか頭に入らず挫折してしまいます。また、使う機会がないとモチベーションは続きません。旅行で使ってみる、ドラマを韓国語で見てみるなど実践に移すことが大切です。試験を受けるなど目標を設定するのもいいかもしれません。

聞き取れない・話せない

韓国語の先生が「読めるようになっても、聞き取り・会話ができない人が多い」と言っていました。座学でゆっくり文を読むことはできても、韓国人は早口な方が多く実践でつまづくと!そこで私はYoutubeを活用して耳をならしました。ただ私は、発音が難しく聞き取れないというよりは、知っている単語の量が少ないと感じたのでまずは正しい順番で勉強する方が大切だと思います。

勉強を始める前に、iPhoneに韓国語キーボードを追加する方法を確認しておこう!

韓国語の勉強:1から7ステップ

1.ハングルを覚える

まずはじめにすべきことは、ハングルを勉強することです。ハングルは全部でたったの24文字、ひらがなが全部で46文字あるのでその半分です。

ハングルとは

「가」や「다」のような韓国語で使用される文字のことで、暗号のようにみえますがアルファベットと同じように子音と母音を組み合わせるという法則があります。24文字なので1日で覚えてしまいましょう。

2.簡単な挨拶・フレーズを丸暗記する

ハングルを覚えたら、次に簡単な挨拶を覚えましょう。挨拶を最初に覚えるのは、いちばん使えて、登場する頻度が高いからです。

最初に覚えたい挨拶の例
  • アニョハセヨ(こんにちは)
  • カムサハムニダ(ありがとうございます)
  • ミアナムミダ(ごめんなさい)
  • チャル モッケスムミダ(いただきます)
  • チャル ジャヨ(おやすみなさい)
  • アンニョンヒ ケセヨ / アンニョンヒ カセヨ(さようなら)
  • チョウム ペッケッスムミダ(はじめまして)

次に、すぐに使える簡単な定番の表現を勉強してみましょう。聞いたことあるフレーズもあるかもしれません。

定番フレーズの例
  • オルマエヨ?(いくらですか?)
  • イゴ ジュセヨ(これください。)
  • ネ(はい)
  • アニヨ(いいえ)
  • マシッタ(おいしい)
  • チョアヨ(いいです・好きです)
  • サランへヨ(愛しています)

このとき、文法はまだ考えないでください。フレーズとして覚えましょう。まずは韓国語になれるところから。挨拶は簡単なフレーズは旅行でも使えます。まずは話してみる楽しさを感じることが大切。

3.単語を勉強する

次に初級の単語を勉強します。

例えば、

韓国語日本語読み方
학생 学生(名詞)ハクセン
가방 カバン(名詞)カバン
예쁘다きれい(形容詞)イェップダ
먹다食べる(動詞)モクタ

動詞、形容詞の基本的な単語を覚えたら、テキストに沿って学ぶのもいいですが、目的に合わせて覚える名詞を選んでも◎。

まずは旅行で服屋さんでのショッピングで使ってみたいなら衣類に関する単語から、レストランで使ってみたいなら「辛い」「ご飯」「水」など実際に使える単語から勉強すると楽しく学べます。私はカフェの注文でまずは使ってみようと「温かい」「コーヒー」「甘い」「持ち帰り」と言う風に勉強してみたりしました。

簡単な単語を覚えたら、次は初級の文法を学びます。

4.文法を学ぶ

ひとつテキストを買って、初級の文法を勉強します。まずは「〜が・〜は・〜を・〜に・〜と」などの助詞や、「~です。」のヘヨ体とハムニダ体などの文法から学びます。

他にも「これ・それ・あれ」や、疑問形、過去形、願望などを覚えると、ぐっと幅が広がります。覚えた単語の活用もでき、作文の練習もできるようになります。

文法は、テキストを購入して勉強するのが効率よく学ぶ近道だと思います。インターネット上にも情報はあふれていますし、単語はネットでも調べられますが、順序や解説を考えて作られていて、何より正しい情報が載っている本がおすすめです。

5. 韓国語を使う機会を作る

勉強して文章を読み取れるようになっても、会話が苦手な人は多いそうです。一度も使ったことないフレーズは勉強しても、実際にその場でパッと浮かばないことも多いです。

旅行の時に韓国語で注文してみる

韓国旅行中は韓国語を使うチャンス!伝わらなくても挑戦してみることが大切です。使うことによってさらに頭にインプットされて覚えやすくなります。

韓国語を話せる友達を作る

LINEやカカオトークでメッセージ交換でも自然な表現を勉強できます。日本語がペラペラの人だと結局日本語で会話してしまうことも。今からは韓国語タイム!と時間を作ってもらって練習するのもいいでしょう。

オンラインレッスン(ビデオ通話)

スカイプなどで一回1000円~2000円など、お手軽なレッスンがたくさんあります。日本語が話せる先生も多く、分からないことは聞けますし、個人レッスンなのでレベルにあった勉強ができます。オンラインだとネット環境さえあればどこでも受けられるので時間も短縮にもなります。

MEMO
【個人レッスン?グループレッスン?】
私は韓国語教室に1ヶ月通ったとき、グループだと人それぞれ知っている知識にばらつきがあり効率よく思えなかったので、個人レッスンが良いと思いました。自分のレベルとあった学校であったり授業内容により変わるかもしれません。体験レッスンへ行って自分に合う方法を選びましょう。

ひとりで二役!韓国語の会話練習

レッスンはお金もかかるし近くにない…という方におすすめの方法です!留学前、ひとりで二役でシーンを想定して会話をするという練習を毎日お風呂でしていました(笑)

~ひとりで韓国語コント~

妄想の語学堂の教室

シーンは留学初日の教室。

キムさん役の私「アニョハセヨ。オディエソ オショッソヨ?」
(はじめまして。どこから来ましたか?)

私「イルボネソ ワッソヨ。キムシヌンニョ?
(日本から来ました。キムさんは?)

キムさん役の私「ミグゲソヨ。イルボネソ ムオスル ハゴイッソッソヨ?」
(アメリカです。日本では何をしていましたか?)

私「フェサウォニエヨ。」
(会社員です。)

キムさん役の私「クロックンニョ。チョヌン テハクセニエヨ。」
(そうなんですね。私は大学生です。)

〜おわり〜

はい。こんな感じで延々と一人でブツブツ(怖いw)こんなひとりなりきりコントのお陰か語学堂のテストで書き取りや読解より、会話(インタビューテスト)の方が(まだ)成績が良かったです。

場面を想定して口に出してみることで、本当に使う場面でもスラスラ出てきやすくなります。間違っていても不自然でも良いんです。口を慣らすことが大切!

6.自分のレベルを知る

ある程度、韓国語への理解が深まり簡単な会話や文を作れるようになったら、実力試験などで今の自分のレベルを客観的に確認するのもおすすめです。

よくある失敗で、「テキストをどんどん進めていたけど、いざ試験を受けてみるとまだ次のレベルに達していなかった。」なんてことも。どんどん新しい知識をつけるのもいいですが、スコアで客観的に苦手な箇所を再確認し復習することも大切。

韓国語の試験には、TOPIK、ハングル能力検定などがあります。また、試験をうけなくてもドリルやワークブックで問題を解いてみるのもいいでしょう。

7.単語・文法・実践を繰り返す

あとは初級→中級→上級とレベルをあげつつ、上記のステップ「単語を覚える」「文法を学ぶ」「韓国語を使う機会を作る」を繰り返し行います。

基本的な文法を勉強した後は、単語の知識量が大きく差を付けます。単語さえ知っていれば伝わったり、前後の会話や文章で意味が分かることも多いです。もちろん文法も大切です。バランスよく、交互に学ぶことが結果、効率の良い韓国語の勉強につながります。

韓国語の勉強ツール

  • 韓国語アプリ
  • 勉強垢 ※1
  • 韓国ドラマ
  • 韓国のバラエティ番組
  • Youtube

無料の韓国語アプリもありますし、韓国語講座をしているyoutubeチャンネルもあります。韓国ドラマを見てリスニングの練習もできますし、勉強垢でモチベーションアップしたり良い教材を知ることだってできます。

活用できるものは多いので、自分が楽しく学べるツールを試して選びましょう。

MEMO
※1 勉強垢(べんきょうあか)とは、インスタグラムやツイッターなどのSNSで勉強の様子やテキスト、おすすめの勉強法など勉強に関する内容をシェアするアカウントのこと。

インスタグラムで、#韓国語勉強垢をのぞいてみる。

韓国語の勉強・留学情報を発信するYoutube紹介する記事はこちら。

まとめ

おすすめの効率の良い韓国語の勉強の順番、方法を紹介しました。

  1. ハングルを覚える
  2. 簡単な挨拶・フレーズを丸暗記する
  3. 単語を勉強する
  4. 文法を学ぶ
  5. 韓国語を使う機会を作る
  6. 現状の自分のレベルを知る
  7. 単語・文法・実践を繰り返す

正直、独学・韓国語教室・オンラインレッスン・留学といろんな方法で試した結果、スピードだけでいうと「留学」(現地に住んで毎日4時間学校で勉強)が習得は早かったです。

ただみんながみんな留学へいける訳ではなく、日本にいても継続して勉強すれば必ず習得できると思います。いろんなアプローチで、楽しく、そして効率的に勉強して、旅行や趣味、仕事に活かしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です