勉強のやる気が出ないとき!やる気を出すための方法20

勉強しないといけないのにやる気が起きない。試験があるのについつい他のことをしてしまう。そんなやる気がどうしても出ない時に試したい勉強のやる気を出す方法をご紹介します。

まずは目標とルール決め!敷居を低くするのがポイント

1.明確な目標を書き出す

ポイントは先の目標ではなく、一ヵ月以内の目標を決めることです。最終ゴールは必要ですが、人間はあまり先のことへのエネルギーを維持することが難しい生き物。

例えば・・・

目標(ゴール):TOPIK 3級合格
1ヵ月以内の目標:テキストの半分まで進める
そのために?:一週間に25ページ進める

このように具体的な数字を決めましょう。

2. 「3秒ルール」3秒以内にとにかく始める

やる気が起きないとき一番ハードルになるのが最初のとっかかり。そこで、おすすめしたいのが「3秒ルール」。心の中で「1、2、3・・・」と数えるまでに教科書を取りにいってとりあえず開いてみましょう。

http://ha-neul.net/wp-content/uploads/2019/08/animal_usagi.png
ハヌル

必ず3秒以内に動きはじめることがルールです!時間がたてばたつほど動けなるなります。

3.10分ルールとりあえず10分だけ

勉強を長時間するのは疲れますよね。そういう時はとりあえず「10分だけ」とハードルを下げましょう。0分よりはマシ!と思いながらしてみると、いつのまにか1時間・2時間たっているかも?

4.〇〇前、〇〇後と決める

漫画を読む前、ゲームをする前などルールを決めましょう。頑張った後に好きなことができるとやる気もでます。

また、ユーチューブで3つ動画を見た後、このドラマが終わった後など先に楽しんだ分、後から頑張る方法もおすすめ。気分が前向きな状態で机に座れます。

やる気が出る言葉や情報に刺激をもらう

5. 名言でモチベーションアップ

先人たちの言葉を借りて、自分の背中を押してもらいましょう。偉人もみな、努力してきた方ばかり。

参考 やる気が出る名言集名言+Quotes

6. 自己啓発本を読む

本を読んでモチベーションをあげる方法も。インターネットで見た情報より、本は時間がたっても頭の中に残っていたりするものです。

7. ライバルを作る

負けず嫌いな方や、不安症の方は自らを追い込んでライバルを作るという手も。あの子には負けないぞ!というエネルギーが生まれ、勉強しなきゃと思えるかもしれません。

8. youtubeで動機づけ

最近はモチベーションを上げてくれるような動画も増えてきました。

理論的な言葉が響くタイプにおすすめの動画

感情にうったえる言葉が響くタイプにおすすめの動画

9. 好きな有名人や憧れの人のドキュメンタリーを見る

自分が尊敬する人が必死に頑張る姿は、何より心と頭に響きます。自分もがんばろうと思える人がいると勉強もがんばれますね。

環境を整える・変える

10. 部屋を片付ける:机の上だけでも!

試験前になると部屋を掃除したくなる法則。実は理にかなっていて、余計な情報(まだ読んでない漫画、テレビ、お菓子など)は集中力を低下させ、勉強以外のことに意識が向いてしまうためです。

http://ha-neul.net/wp-content/uploads/2019/08/animal_usagi.png
ハヌル

掃除だけして満足するということがないよう注意!机に座って視界に入る範囲だけなどほどほどに。

11. 文房具を自分好みにする

やる気が起きない理由は、「勉強する行為が好きじゃない」「楽しくない」から。いきなり今日から楽しく勉強するのは難しいので、身近な文房具からテンションがあがるものに変えて、「好きなもの」という印象を自分の脳にインプットしましょう。

12. 音楽をかけながら勉強する

好きな音楽や応援ソングなど気持ちが高まる音楽をかけてみるのもいいかもしれません。気が散ってしまう方は歌詞がないBGMがおすすめ。

SNS・アプリをフル活用

13. 勉強アプリを活用する

目標を管理するものから、勉強した時間を管理するもの、勉強したかどうかをシェアするものまでさまざま。

おすすめの勉強アプリ

・スタディプラス

スタディープラス
参考 App Store|450万人が利用する学習記録・管理アプリ勉強を習慣化!Studyplus(スタディプラス) 参考 Google play|450万人が利用する学習記録・管理アプリ勉強を習慣化!Studyplus(スタディプラス)

・三日坊主を克服するアプリ

三日坊主を克服するアプリ
参考 App Store|三日坊主を克服するアプリ継続する技術

14. 勉強用アカウントを作る

インスタグラムやツイッターで「勉強垢」と検索してみると、沢山の勉強を頑張る人がでてきます。こんなに頑張っている人がいるんだからとモチベアップになり、自分も投稿すると同じ勉強仲間に出会えるかもしれません。

15. 仲間を作る

クラスメイトや恋人、友達など一緒にがんばる仲間がいると心強いですね。「勉強してない~」「私も~」などという不毛な会話をするより、「このテキスト分かりやすいよ!」「ここが分からないから助けてほしい!」などお互いのためになる関係だとやる気も成績も上がりそう!

16. 周りに宣言する

「〇〇に合格する!」「資格をとる!」など周りに公言してしまう作戦です。言ったからにはプライドと維持で有言実行できるはず?!

自分を甘やかす

17. ご褒美を用意する

勉強って「欲を我慢して頑張るもの」というイメージはないですか?でもそれだと嫌になるのも無理はない。自分にうまくご褒美を与えられる人ほど持久力があるもの。頑張ったら褒める、当たり前のことを自分にもしてあげましょう。

18. 休む:考えるのも禁止!

いろんな方法でやる気を出そうとしたけどどうしてもできない…そんな時は、勉強のことでいっぱいの脳を休ませて一度勉強から距離を置きましょう。寝転びながら「勉強しなきゃ…」と考えるのも禁止!嫌々するとネガティブ貯金がたまって勉強を嫌いになってしまいます。

19. 好きなもの・場所でリフレッシュ

自分にポジティブなエネルギーを注入するために、趣味でリフレッシュするのもいいでしょう。何も一週間ヨーロッパ旅行へ行って休むといっているわけではありません。半日買い物へ出かけたり、夕方から映画を見に行ったり。気分転換も大切です。

20. 自分を褒める

最後に、自己肯定感を高めること。この記事を読んでいるのは「勉強のやる気」がある証拠!そもそもやる気がない人はやる気を上げたいとも思っていません。そんな向上心のある自分を褒めてあげて、さらに好きな自分になれるように今からもう少しだけ頑張ってみませんか?

ここまで読んだら・・・

ここまで読んでいるあなたはきっと勉強したい!というやる気はある。あとはきっかけが必要なだけ。この記事を閉じたら「1・2・3!」の3秒ルールでとりあえず10分だけ勉強をしてみましょう!

この後ネットサーフィンをするようじゃ、この記事を読んだ時間が無駄になります(泣)勉強が終わったら、できなかった罪悪感もなくテレビを見たりベッドでごろごろしたり、今の自分より好きな自分で一日が待っています。

http://ha-neul.net/wp-content/uploads/2019/08/animal_usagi.png
ハヌル

さあ、1・2・3…(解散!!!)

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です